cybacchus

映画、CG、プログラム等

2011年12月23日金曜日

馬鹿映画のススメ②「キラースノーマン」

騙された「キラースノーマン」のパッケージ
皆さんは、「トロル」「ゴブリン」といったホラー映画をご存知だろうか。
おとぎ話に出てくるような妖精(??)たちが、悪さするという少々コメディタッチのホラー映画だが、
原題に、雪の妖精でもある「JackFrost」を使用しているこの映画に、そののりを少しでも期待した私が馬鹿だった。
今回はそういう映画です。

 あらすじは、 大雪の中、護送車が化学薬品を積んだトレーラーと衝突。
護送中の殺人犯は薬品を浴び、キラースノーマンとなって人々を襲うという、心温まる物語。
しかも雪男ではなく雪だるま!!↓こいつ


とにかく、低予算なのは結構だがストーリー、場面転換、特撮(CGではないのであえて)等、
全てにおいて最低の部類に入る映画。
二時間という時間が非常に苦痛に感じる。
ある意味、これを最後まで見ることを刑罰の一つにしてもいいんではないかともいえるほど。
ここまでいくとこれも才能なのだろうかと感心してしまう。
 それと、ビデオ会社にパッケージにこるのを止めるようお願いしたい。
非常にB級好きを引き寄せるあの題名とパッケージ、本当に止めて欲しい。
どうせなら「死霊の盆踊り」みたいな、完全に馬鹿にした題にして欲しかった。
それならあきらめもつくのに・・・。2時間返せー!!

くそ映画度:★★★★★  
許せる度 :無(許せん!) 
詳細データ:知りたくもない

2011年12月20日火曜日

馬鹿映画のススメ①「吸血の群れ」



先日、諸事情により映像を制作する施設が使えなくなった。
しばらくは、MAYAもAfterEfetsも使えない。

家にあるのは、PuupyLinuxで復活をはたした古いデスクトップとロフトベッドから落として電源が入らなくなったノート。しばし、環境整えるまで制作活動停止です。

しかし、せっかくはじめたブログなでなにか記事を書くことにしました。

なので、映画の紹介でもやろうかと思うけど
普通の映画紹介してもそーいうのたくさんあると思うので
きっと薦めても誰もみないような
そんなあほな映画の紹介をしたいと思います。

というわけで、第1回 は、ほんの少しの虫とか爬虫類が人を襲う映画」
「吸血の群れ」

原題を「FLOG」とするこの映画は、第1回を飾るに相応しい馬鹿映画であろうと思う。

話自体は、
とある避暑地を訪れた若者たちが、爬虫類や昆虫に襲われるだけ!

しかしこの若者たちの死に様が凄い!

ある男は、森の中で銃を持って歩いていると自分で自分の足を打ってしまう。
(えーどういうこと!)
痛みで地面でのたうち回っていると、
ちっちゃいちっちゃい蜘蛛が男を襲うのである。
(といっても別にかんだりするわけなく、おなかの上とかを這ってるだけ)。
そこで男の悲鳴とともにシーンは終わり、以後この男は出てこない。
(え、死んだ!?)
そもそもこのシチュエーション事態が不可思議だが、
そんな疑問もお構いなしに次の犠牲者が出る。

とある女は、湖でたたずんでいると、石に足が挟まってぬけなくなる。
「なんでやねん!!」
と突っ込むまもなくそこへ現れるは、
亀一匹。
(しかもマタマタみたいなやつ)。
ゆっくり近づく亀。
必死に逃げようとする女。
またもや悲鳴とともにシーンは終わる。

こんな繰り返しでラストまでいってしまい
ラストのエンディングロールは、
カエルのゲロゲロという鳴き声がひたすら流れるという超シュールなもの。
ある意味非常に恐ろしい、これぞ真のホラーというべき映画である。

とにかく凄い映画だということがわかってもらえたと思うのだが、
実はこの映画もうひとつ凄い点がある。
それは、必ずといっていいほど、当時(1990年代前半くらいか?)の
年末のテレビの深夜枠で流れるということ。

しかも、、当時のテレビ映画は普通エンディングロールを流さずCMにいってたのに
なぜかこれだけは、超シュールなエンディングロール完全再生。
これは、今考えると放映している人もわかっているのだと思う。

そして必ずといっていいほど見てしまい、
毎度、なんて時間を無駄にしたんだと、後悔したことを覚えている。
そしてこの後悔感がたまらないんだ!

うーん、だんだん何書いてるのかわからなくなってきたのでこの辺で!

くそ映画度:★★★★★
許せる度 :★★★★★
詳細データ:
原題 FROGS
制作年・国 1972/米
ジャンル ホラー ?
スタッフ 製作:ジョージ・エドワード/ピーター・トーマス 
監督:ジョージ・マッコーワン
脚本:ロバート・ハッチンソン/ロバート・ブリーズ 
撮影:マリオ・トッシ 音楽:レス・バクスター
キャスト 出演:レイ・ミランド/サム・エリオット/アダム・ローグ

↓アマゾンで売ってた 高! イメージも詳細情報もない!




2011年12月3日土曜日

フリーOS PuppyLinuxって使える



メインのノートマシンが諸事情により使えなくなったので、
ノートを買ってからは、あまり使わなくなっていた
デスクトップを復活させることにした。

マシンは、OSがWin2000のころから使用していた自作マシンで、
Pen4 2.4GHz  512Mb。
Win2000以降もWinXpに入れ替えて使っていて結構愛着のあるマシンである。

サブスクリプションが使用できたので
Vistaやら7をインストールしてみたけど、
スペック的に無理があったので
フリー系のOSで、軽いものを探してみることにした。

ままずは良く聞くLinux系の
Ubuntuを試す。
isoダウンロードして、CDを作成
インストールを始めます。

偉い!と思ったのは、
僕はネットEmobileでusbテザリングで接続してるのですが
インストール段階で、なんもせずとも認識して
勝手にアップデートとかもやってくれます。
(これ結構時間かかるので、アップデートを後でやるオプションもあります。)
で、そこそこ時間はかかるものの無事終了。
画面もすごくきれい。


ほんで、なにがええってソフトの管理が楽です。
ソフトマネージャーみたいなのがついてるので、ジャンルやらキーワードで検索して
該当ソフトをクリックすれば、
ダウンロードして、インストールまで勝手に終了。
androidマーケットの感覚で楽。

ただ、私のマシンでは、さすがに少しつらいらしく
windows7ほどではないにせよ、ちょっとウィンドウを複数あけて
いろいろやるとやっぱ遅くなっちゃう。
いろいろ、削っていけばもしかすると最適化できるのかもしれませんが
面倒なので、次・・・。

といろいろ試してみたのですが
軽量リナックスについてはほんとたくさんのディストリビューションがあるのにびっくり。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/special/ctl_lightlinux/ctl_lightlinuxa.html

でいろいろ、
kubuntu http://www.kubuntu.org/
ecoLinux http://ecolinuxblog.blog.shinobi.jp/
やら、もろもろためした結果

最終的に
PuppyLinux
http://openlab.jp/puppylinux/
に落ち着きました。

テザリングのネット接続は自動ではないけど
テザリングをOnにした状態で、接続アイコンをクリックしたら、
ちゃんと認識が確認されたので、あとは自動DHCPの実行で
問題なく接続できました。

一度接続したあとは、起動時にテザリングOnしておけば何も設定いらなくなります。

あとは、デフォルトのブラウザーでは
いろんなサイトでそれ未対応みたいにいわれるので、
chroomeをインスト。
ブラウジングしてみると、非常に快適。

複雑なフラッシュとか、Ajaxばりばりなページは少し
きついときあるけど、あとは、ほぼ問題なし。
youtubeも問題なく動作します。


僕と同じくらいのスペックのマシンまだおいてるけど重くて・・
って人結構多いとおもうけど、
ほとんどがWEBだけっていう使い方なら、
新しいマシン買わなくて十分使えて
かなりお勧めです。

CDやUSBからのブートのみで使うことができるので
HDには、Windowsをいれといて必要なときはそちらを使い
普段は、puppyを使うという選択肢もできます。
(僕は、この使い方。)

あと、ちょっと面白かったOSは
windows互換OS rectOS
http://www.reactos.org/ja/tour.html
RectOs


Windows ソフトが使えるということで
結構期待したんだけど、機器のドライバーとか用意せんといかんみたいで
この辺は、Linuxが全自動でやった後にみると
ちょっと・・・という感じでした。
この辺が、他のLinux系OSみたいに、インストしたらすぐ使えるようになったら
ありかも。
今回は、採用せんかったけど今後に期待なOSです。

しばし、パピーOSでいろいろ遊んでみよ。