cybacchus

映画、CG、プログラム等

2012年1月26日木曜日

Adobe Edgeを使ってみる


Adobe Edgeのプレビュー版がダウンロードできることを知り
おとしてみた。

いろんなとこで記事がでていて
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/01/news102.html
http://japan.cnet.com/news/service/35008500/
気にはなっていた製品なんだけど

どんなもんなんでしょ。

ダウンロードはこちらから
http://labs.adobe.com/technologies/edge/


インストして使ってみると、雰囲気AfterEfects。

図形や、テキストの
座標、スケール、透明度、回転など
おなじみのパラメータをキーフレームに
入力していけば
あとは、edgeが間を補間して
アニメーションができるというもの。

FlashかAfterEfectsを使ったことある人は
違和感なく使える感じ。


画面はこんなん。


どうです、映像系のアプリ触ったことある人はなじみある感じで
すぐにとっつけそうな感じでしょ。

実際、すぐにとっつけました。
ただ・・・・・ 
これはまだプレビュー版だからなのだと思うのですが
想像してたより、機能が少ない。
もう少し映像表現できるといいなあ。
マスクとか、全部とはいわんでもAfterEfectsのフィルターみたいなの。
ほんと、基本的なパラメータしかないからなー。

で、いいとこなんだけど
保存時出力されるのは、edgeのプロジェクトファイルと
html、css、js、イメージのフォルダ、jsのライブラリフォルダ(jqueryとか入ってる)等。
出力されるHTMLは

--------------------------------------------
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv='Content-Type' content='text/html; charset=utf-8'>
<title>Untitled</title>
<!--Adobe Edge Runtime-->
    <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="test_edgePreload.js"></script>
<!--Adobe Edge Runtime End-->

</head>
<body style="margin:0;padding:0;">
<div id="stage" class="EDGE-2716842">
</div>
</body>
</html>


--------------------------------------------
というかんじで、body部はdivタグだけで
中身はすべてjsによるDOM操作に投げられてます。

そのjs内のアニメーションの情報は、json形式で保存されているので
その部分だけ、あとから修正して動的な動きに変更したりもできそうです。

で、実際テスト的に作ってみて動かしてみたところ
まー、ブラウザによって見え方ちゃうちゃう。
見え方ちゃうだけならまだしも、ちゃんと動いてなかったり。
そんなに複雑なもの作ってなくてこんな感じなので
まだAdobeさん、えんやこらがんばってるみたいね。

(ということで、テスト作品はアップしません。)


まあ、ざっと使った感じだと
僕は、FLASHにあまりなじめんかったんですが
こっちだと、違和感なくさわれました。
なんというか、AdobeAdobe感なUIなのです。(たぶんFLASHは、もとがマクロメディアだからちょっとAdobeでも異質なんかな?)

当然、クリックイベントなどにJsソースを書くこともできますので
アプリっぽいのも作れます。
この辺も、Flashより違和感なかったな。


とにかく、JSソース吐き出すということで、
FLASHよりいろいろと、連携の部分やらで
自由度や親和性が高いのかなと期待はしてまいます。

それに、今こんなんだすのって、
当然スマフォアプリも含めて考慮されてるのでしょうし。

製品版に期待!!

(現時点のバージョンでは、FLASHユーザーはよびこめんやろね。)



2012年1月17日火曜日

AVGは遅い!


以前、Win2000~Xpで動いてたのを7にしたらさすがにきついので
PuppyLinuxでお古のマシンを復活させた事書いたけど
ちょっと前言撤回。
実は、Win7は意外と軽いことに気づきました。

確かに7導入直後はそんなにダメダメでもなく
そこそこ動いていたのです。
UpDateやらしてるうちに
気づいたら、とんでもなく遅くなってしまっていて
まーしゃないんかなと思ってたので、PuppyLinuxを使用してたんだけど

先日、どうしてもWindowsを使用せねばいかん用事があり
その際、再度いろいろ試している中で
劇的に遅くしてるのは、ウイルスソフトのAVGだということがわかりました。
なんで、さっさとアンイスト。
Microsoft Security Essentialsを変わりにいれました。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/products/security-essentia

結果、快適に動くではありませんか!
Win7さんごめんなさい。
あんたが悪いんちゃいました。
Pe4 2.6Ghz
Mem DDR512mb
のマシンで、いろいろややこしいソフト使うんじゃなきゃまだいけるなー。
ちなみに、Vistaはダメ(あれは、ほんまにダメOS)。

後日、メモリつんだろかとか思い日本橋にいきましたが、
中古デスクトップPCのあまりの安さに
それは、辞めることにしました。


新しいほうノートPCの修理が、金額かさむようだった
さっさと、中古のデスクトップ買ってまおっと。

2012年1月15日日曜日

PuppyLinuxのテザリングについて

以前フリーOSの記事を書いてからPuppyLinuxの検索によるアクセスが異様に多いので
改めて「PuppyLinux テザリング」にフォーカスしたブログ書いときます。
実例は、「PuppyLinux」のバージョンは4系のE-mobileで有線テザリングの方法です。

1a
デスクトップ接続のアイコンをクリックすると下記画面があがってくるので
ネットワーク又は、無線LANでインターネットを押します。


デスクトップから
1b
もしくは、スタートメニューのセットアップからドネットワークウィザーを選択します。


スタートメニューから


すると、ネットワークインターフェースを選択する画面がでるので
該当するUSBをクリックする。
(明細部で名称を確認して、該当usbのボタンをクリック)
ネットワークインターフェースを選択

自動DHCPのボタンをクリック。
DHCP


IPを取得しにいくのでしばし待つ。
IPを取得しにいくのでしばし待つ。

成功!
うまくいけば、上記のような成功メッセージがでるのでYESをクリック。

成功メッセージ
とこういう感じで、

うまくいってれば、ブラウザー等が正常に動作するかと思います。


あと、私PuppyLinuxの専門家でもなんでもないので
つっこんだこと(特に記事以上の)聞かれても困ったりしますので、
そのへんはよろしくです。