cybacchus

映画、CG、プログラム等

2012年5月31日木曜日

映画日記「REC3  genesis」

Rec1、Rec2と見にいった感想は
モキュメントでゾンビという組み合わせだけでなく
エクシストとリンクするようなオカルト的なストーリー、
さらには、2では視点カメラが複数という工夫。

いろいろな、アイデアが盛り込まれて
お手軽に「モキュメント+ゾンビ」だけで作らなかったところに
個人的には評価高めだったんだけど、さて今回のRec3は・・・・


舞台は、結婚式場。幸せの絶頂から絶望のどん底に突き落とされるという
シチュエーションは面白そうだし、今回は閉鎖空間ではありません。

Genesisというサブタイトルから、あからさまにビギンズみたいなイメージも感じさせ
前作の期待値とあいまって、ハードル上げてみてしまいましたが・・・

まったくそんなこともなく、ストーリー上のつながりも
1でマンションをスワットが取り囲む原因となった犬にかまれた人間が
式場にまぎれこんだというだけ。

ちょっと、お手軽すぎやしませんか?

しかも、しかもですよ、Recシリーズというものの最大の特徴である
モキュメント部分の1人称カメラ視点は最初のほうだけで
惨劇が始まってしばらくするともう普通の映画視点。
こうなると単なるゾンビ映画になっちゃう。
(そもそも題名の「Rec」はどうなる!)

ラストもなんのひねりもなく、馬鹿げたエンディングで終了。
昼間のシーンも多く、グロ描写はパワーアップしてるのはみとめるけど、
全編通して、なんのアイデアも無し!

ちょと今回のは、よーわかりません。
終わってなんじゃこりゃ?ってなっちゃいました。

それにせっかく、新しい展開がはじまる感じの2作目のラストはなんやったんやと。

いろいろとひどいので、こりゃスタッフかわっとるなと調べてみると
やはり、1、2の監督ジャウマ・バラゲロは3でプロデューサーになってました。
(製作総指揮とかプロデューサーって、毎度思うけどほぼ名前貸しよなー)


しかも、
Wikipedeiaにこんな記事が
シリーズにおけるストーリーの基本的な時系列は、「1」→「2」→「4」である。「3」は「1」と同時期の別の場所とされ、ストーリーは全く繋がっていない。また「3」に関しては前2作とは異なりバイオレンス・スプラッターが強く描かれドキュメンタリー手法も序盤の30分程度となっている。
え!なんなんこの外伝みたいな扱い。
ということで、僕の期待する作品は2013年公開「Rec4 Apocalipsis」でということですね。
しかも本作品「Rec3」の監督は降板とのこと。
申し訳ないけど、ほっとしたよ。

とりあえず、「Rec」シリーズのファンとしては近作「Rec3」は
50点くらいでしょうか。
ただ、前作をしらず、単なるよくあるゾンビ映画として楽しむなら
65点くらいはあるかもしれません。


で、今回の蛇足ご紹介は、
「Rec3」の駄作感にちなんで駄作モキュメントの代表
「パラノーマルアクティビティ2 東京ナイト」

モキュメントお手軽の代表である、心霊モキュメント「パラノーマルアクティビティ」シリーズ。
ジャンル自体には期待をかけてしまうため、
毎度みてしまいなんのひねりもないお手軽展開に
ウガーっと腹を立ててしまいます。
(まあ、見にゃきゃいいんだけどね。期待はするのよ。)

そんなシリーズ中でも、邦画で最もよくわからない位置づけのこの作品。
ひっくりかえったのは、1とまったく同じなストーリー。

パラノーマルアクティビティ1と「東京ナイト」を続けてみると

続編なんですが、リメイクをみているようなデジャブ感を味わえるはずです。
(たぶんこのRec3と同じような外伝的な扱いなのでしょうか)

とにかく、意味不明な存在感を放つこの作品。
是非1作目→東京ナイトを連続で鑑賞することをお勧めします。
時間返せよ!っていう感覚を数倍に感じさせてくれますから。



しかし、一番あかんのはモキュメントなのに、役者のビジュアルがよすぎることやろね。
(モキュメントは、なるだけ地味な役者でやらないとリアルさが出ないと思うのねー。)

2012年5月29日火曜日

映画日記 「テルマエロマエ」

ゾンビ系モキュメントホラーの「REC3」をぎりぎりすべりこみで見に行くも
切符購入時に、別館上映ですと言われてしまう。
敷島シネポップが、難波東宝の別館に改名されて起こる悲劇です。
ギリだし、移動してたら短い作品なのに冒頭みのがしちゃうので
あきらめて別作品をみることに。
公開時間のサイトはちゃんと記述しといて欲しいよなー。

で、ちょうど時間があってよさげな「テルマエロマエ」を鑑賞。

漫画読んじゃってたし、そんなに期待せずみたんだけど、おもろいね。


阿部寛は、「トリック」以降この手のおもろキャラがはまり役。
ヒロインの上戸綾もええ味だしてる。
なんか生活感のあるだらしなさがちょっとエロくてええのねー。


原作と話はほぼ忠実なんだけど
設定と大筋の話をなぞった上で、

原作では、古代ローマの話は、つながってるけど
現代の日本はキャラがつながってないところを
(エピソードごとに違う)
日本人がわのキャラクター(上戸綾)を継続する形にしてる。
映画的には、このほうがいいですねー。

しかし、この映画。何がすごいって、
ローマ人役の日本人役者の違和感のないところ。
これは、すごく不思議。

あと、個人的は、竹内力也がよかったなー。
ちょっとしたお笑いシーンも
漫画と同じでわかってるのに、笑ってしまった。

見る人を選ばず無難に楽しめる映画だと思います。
お勧めです。

2012年5月19日土曜日

自作アプリ紹介 継続する時報「ロボクロック」

せかっくブログやってるので自作アプリも紹介したいと思うのです。
一つ目は「読上時計 ロボクロック」

機能は、シンプルで
「117のような時報を、言い続ける」
ただ、それだけです。



作ったきっかけは、
朝ぎりぎりで、通勤する僕は
自転車でちょこちょこ時計を見るために
(腕時計は、昔から嫌いでつけません。)
携帯を出しいれしてると、落っことしてウギャーっとなったからで、

携帯を出さずとも、時間を知る方法をということで
もともと音楽や、ラジオはヘッドフォンで常に聞きながら走行してたので
(今は、やっちゃダメみたいね。)
音声時報流せばそれで事足りるなと気づきました。

もともとは(今は増えてきてるみたいですが)、同様のソフトがあればそれを使うつもりでしたが、
意外となく、あっても有料だったり
女性キャラの萌え声とか
アイコン含めて「そんなもん、おっさんが使えるか!」
的なものだったので
もっと、シンプルなものが欲しくて作りました。

作ってみてからは、走行中以外も
家で、朝起きて出る準備するまでの間
スピーカーで音量大にして、時計を見ずに時間を確認するという使い方もしてます。

さて、使用する際1点、注意事項として
端末に、音声データがをインストールされていない場合
音声データをインストールする必要があります。
(自分の携帯では初期インストールされていたので
まったく気づかず、この点で結構クレーム評価入れられしまいました。)
入ってない方は、先にインストールしてください。

ただ、音声データいくつはインストールいくつもできるので
KDDI研究所作成の「N2TTS」などをインストールすれば
日本語での読み上げもできます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kddilabs.n2tts


何に使うか人それぞれ利用法はあると思うので
もし何か利用用途を思いついた人は一度使ってみてください。

2012年5月18日金曜日

映画日記「ドライブ」

単館系クライムサスペンス「ドライブ」みてきました!

ちょっとみてからだいぶたっちゃうけど
これは書かねばとおもっておりました。

単館系で、すべりこみで見に行ったので
もう、見れる劇場はないかもしれませんが
DVDでもええので
映画好きには、是非みておいて欲しい
予定調和な大作にない
気概とか、あらあらしさを感じることができた作品です。


お話は・・・・・

昼は、修理工で働きながらバイトでカースタントをこなし、
夜は、逃走屋として犯罪者の逃走を手伝う二つの顔をもつ

ライアン・ゴズリング演じる無口な天才ドライバー。
家族も友人もいない孤独な彼は、
とあることから同じマンションの住人で、 服役 囚の夫を待つアイリーンに好意をもつ。
人妻であるアイリーンに無口である彼は、本心をうちあけられないまま
月日がすぎ、服役中の夫が帰ってくる。

とここまでは、ままありそうな話で
この後は、その夫が家でまた暴れてとか想像しがちですが
ちょっと、違う展開になっていきます。

でここから先は、ネタバレになるのでとめときますが、
なんでしょう。ジャンルでいうなら
クライムサスペンスとでもいうのでしょうか。
前半ちょっと、渋めのラブストーリーっぽさを出しながら
伏線がはられ
後半は、一気にライアン・ゴズリングの
静かなるバイオレンスムービーへとなだれ込みます。
(暴力描写はきつめなので、このへん無理な人は見ないほうがいいです)


まあ、なんつっても主役の
ライアン・ゴズリングという俳優がめちゃ存在感あるわけですわ。
この人とにかくしゃべんない!
ほんま、主役なのにセリフが恐ろしく少ない!!
なのに、彼の演技力と演出がいいのでしょう。
ものすごい存在感をみせつけてくれるのです。

そして、ヒロイン役にキャリー・マリガン。
ダンナが服役中という、少々疲れた人妻を演じてますが
これがめちゃかわいい。
「タイタニック」の
ケイト・ウィンスレットを見たときは
なんでこんなバカ女守ったらなあかんねんと
終止感情移入できませんでしたが
(ケイト・ウィンスレットのせいでなく、ストーリのせいですが・・)
これは、納得。
そら、赤の他人でも守りたくもなるでしょう。

そして脇を固める俳優人もみなええ味だしてます。
僕の好きなロン・パールマンも悪役ででておりました。
しかし、この人も年取ったねー。


欲をいえば、予告でもでてきてる
「5分きっかりしか待たないし、5分間は何があっても待つ」
という逃がし屋としての設定を、もう少しいかしてほしかったなーとか、
そこで仮面をかぶることに意味はあるの?とか
いろいろ突っ込みどころはあるのですが
まあとにく、滑り込みで見に行ってよかったー
と思わせてくれる映画でした。

暴力描写OKなら、お勧め!

あと、この映画の脚本家
ホセイン・アミニという人の次回作が
http://drive-movie.jp/aboutthemovie.html
キアヌ・リーブス版 忠臣蔵
「47RONIN」
ということを知り、ちょっとバカにしてたけど
期待できるのかーとか思って
サイトみてみたら書いてないんやけど
http://47ronin.jp/staff.html
どういうこと!?
誰か情報もとむ!!
(脚本家以外で参加ということなのな?)

2012年5月11日金曜日

映画日記「アポロ18」

17号で打ち切られたアポロ計画。
しかし、実は闇に葬られた18号が実在し
流出した記録フィルムがこの映画「アポロ18」である。
ということで「アポロ18」見てきました!

・ ・ ・ ん?どこかで聞いたことのある・・・。
そう、これも「トロール・ハンター」と同じ
モキュメントムービー。
宇宙版、「ブレアウィッチ」、「パラノーマルアクテビティ」といったところ。

まあ、低予算だしそんなに期待もせず
そんなもんだろうと思いながら
見に行きましたが、そんなもんでした。

けどまあ、SFホラー系モキュメントは
僕の知る限り始めてだし、
それなりに最後までだれずに話しをもっていってくれるので
好印象でした。
すくなくとも、
よくある話を、まったく何の進展もなく長時間見せられる
「パラノーマルアクテビティ」
よりは、はるかに良くできていると思います。
(これは、B級に優しい僕もきれそうだった・・)

欲をいえば
できれば、エイリアンものなのか
未知病原体の感染ものなのか
その辺はっきりさせて
それらの生態系とか、つっこまれないような設定作ってほしかったな。

まあ、この手のモキュメント映画にしてはおちもあるほうだと思うし
個人的には、ぜんぜん合格点。
B級佳作映画といったところでしょうか。


一般的に、人には薦められない映画ではあるけど
モキュメント好きは、是非一度ご鑑賞を!


2012年5月9日水曜日

映画日記「タイタンの逆襲」

アバター、T4等、ハリウッド大作出ずっぱりの
サム・ワーシントン主演のタイタンシリーズ2作目。
「タイタンの逆襲」見てきました!


1作目「タイタンの戦い」が
個人的にいまいちだったので
(3Dでみたのもよくなかったかも・・)
期待値下げて見にいったら
これが、意外と面白い。
冒頭の、キマイラとの戦闘から迫力あって
そこそこ引き込まれます。

ストーリーも徹底して単純。
こんな話ギリシャ神話にあったけ?
ないない。
そう、ないんです。
かってに作ったお話なんです。
というか、そんな話というほど深ものはありません。

1.ハデスとかが、ゼウス捕まえて、クロノス復活の生贄にしますー。
2.ゼウスの息子が、助けに行きますー。
3.途中いろいろあって、ハデス改心しますー。
4.クロノス復活!大戦争勃発!
5.ハデスとゼウスが共闘!
6.ゼウスの息子の必殺技炸裂!


上記のように、ジャンプのバトル漫画か!

みたいなのりですが、これでええんです!
VFXにお金かけた大作は、中途半端にドラマ入れんほうがええんです!
(アバターくらい緻密にやってくれるならええけど)

ストーリー云々より、モンスターとの戦闘がいい!
特にラストのクロノスとの戦いは、圧巻です。
ロードオブザリングの1作目でバルログが暴れてましたが
あのビジュアルを、100倍くらいスケールアップした感じ。

1作目よりえらい、よくなったなー思って調べてみたら
監督が、ルイ・レテリエから
ジョナサン・リーベスマンにバトンタッチしてたのね。

なるほど、
ジョナサン・リーベスマンといえば
先日「バトルシップ」の日記でも紹介した
超お勧めの侵略映画「Battle: Los Angeles」の監督!!
なるほど合点がいきました。


なんか、バトルシップみたあとやったから
こういうすっきりした話でのVFX系大作だとほっとしするよ。
なんでちょっと、ほめすぎたかも。


全然関係ないけど、
序盤のシーンで、サム・ワーシントンが
ぱっくり食われてしまうと話題(僕の中だけですが)の映画。
「マンイーター」。
見に行こうと思ったら、もう終わってた!
終わるの早すぎ!!



2012年5月1日火曜日

映画日記「バトルシップ」

「バトルシップ」みてきました!

めーちゃくちゃ期待してた本作品。

ここ最近では、このての宇宙人侵略物では
「Battle: Los Angeles」が群を抜いていたので
これを超えてくれるかと期待して鑑賞いたしましたが・・・
ぶっこけました!

なんすか、あのおっさんみたいなビジュアルの宇宙人。
それに、何しにやってきたのかいまいちわからん。
一応説明は、映画中にあるけど
あくまで人側の推測で、
戦艦はぶっつぶすけど
子供や人そのものは、攻撃しなかったりするっていう
ちょっとプレデターちっくな
意味不明な道徳観は、説明されないまま。

一番気になるのは、
はるばる宇宙を旅してきた宇宙船が
なにゆえ、バタフライで海上を移動するのか!?
(船内めちゃくちゃなると思うし、
もっとも、非効率な移動方法だと思うんですけど・・・)
とにかく説明してほしいことだらけ。

さらに、意味不明なのが
チープな人間ドラマ。
スターシップトルーパーズのように、前半のゆるい人間ドラマが
後半の壮絶な戦いの中の絶望感との対比に使われるのは
ありだけど、なーんにもない。
主人公のあほさ加減をみせてくれるだけ。

しかし、アメリカ人ってこういう感情的なバカキャラすきよねー。
アルマゲドンとか見たときも思ったけど
こういう、あほな連中に未来託すの絶対嫌やけどねー。

まあ、今回もくそみそに言ってますが
映像は、ものすごいです。
特に最初の戦いは、めちゃくちゃかっこえーんです。
えーんですが・・・

とにかく、見るなら必ず映画館で!!

DVDみてしょーもなとか言わない。
しょーもなっていうなら、映画館でみてから!

あと、最初にも書いた
「Battle: Los Angeles」は、この手の侵略もの好きで
見てない方は是非どーぞ。
お勧めです。