映画、CG、プログラム等

2015年8月12日水曜日

映画日記『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
賛否両論吹き荒れるこの作品、自らの目で見極めるべくみてきました!
うーむ、両論の言い分よくわかりますねー。

僕の場合、先に見に行った友人が期待値下げてくれておかげか
それなりに楽しめました。

さて、まず主役!
いろんな評価でたたかれてるほど演技がひどいとは思いません。
普通の世界観なら耐えれると思うのです。
だけどこういう異世界が舞台ですと、よっぽどの演技力がないと一気に薄っぺらくなっちゃいますねー(演出にも問題もあると思いますが・・・)。
藤原達也とかだと、また違ったものになったんでしょうが。

それとすごく残念だったのは、武田莉奈!
どんだけ無駄使いやんねん!どっかで蹴りさせろよ。
絶対女型巨人のアニ役と思ってたのに(バレバレになりますが)。

人間ドラマの部分があかんのはおいとくとして
(冒頭のしょうもない子役とのからみは、でだしからかるく殺意をいただきましたが・・・)
それ以外な部分は、ハリウッドなんかと比べると爆安であろう予算に対して
すごく頑張ってるとは感じました。
ツイッターで中の人が炎上してましたが、吠えたくなる気持よくわかります。
ただ、これは優しい目線で見た場合の話で、一般的にはどうなんでしょうねー。

で、これまた後編前にあわせて地上波でやるんやろけど
どんだけカットするやろねー(意外とグロ方面は戦ってたもんね)。

トータル評価は悪くはない。+-0もしくはちょっとマイナス。
後編に期待できる気はしないが、挽回してほしい気持はまだある!
そんな感じでしょうか。

後編は、原作と大きく変わることが予想されますが
そこでなにかおおっと言わせてくれればうれしいのですが・・。
とにかく一応は期待。

コメントを投稿