使えるWEBサービス②「PDFEscape」 PDF編集サービス

役所の書類とかってなんか面倒な上、
(ワードかエクセルのファイルも用意しといてくれたらええのに)
書類フォーマットがPDF提供だけがほとんどなので
それを印刷して手書きで書くという馬鹿馬鹿しい行為をしないといけない。
最近、役所の書類書く機会が増えて、これは嫌だということでちょっと調べてみました。

要は、PDFを加筆修正したいわけで、ぱっと思いつく方法としては

1.観念してアドビーアクロバットを使う。
2.アドビー以外の編集ソフトを使う
3.画像化して、各種ソフトで編集。

で、

1の方法は、これだけのために馬鹿高いソフト買う気もないので却下
2については、有償だとソースネクスト初めいろいろあるけど役所業務になんかそもそも1円も使いたくない。また、フリーだと、ページのマージできるものとかはあるんだけど、以外と求めてる感じの編集ソフトがない。
3は、できるだろうけど、PDFを画像化するという行為が、労力的にも気持ち的にもなんか嫌だ。

と、なんかないのかーといろいろ見てたところ
クライアントソフトではなく、WEBサービス上でこれらを実践してくれるサイトがありました。

「PDF Escape」です。

使ってみると、そうそうこれが求めていた機能!ってな感じで、ニーズにぴったり。
ということでさっそく、使ってみましょう。
まずは、アカウント作成を適当にすましちゃってください。
(グーグル、フェイスブックアカウントによるログインも可能のようです。)

アカウント作成後、ログインするとこんな画面がひらくので 


Openのアイコンもしくは、Edit PDF Filesをクリック。
すると下記のようなメニューが開きます。
すでに、PDFファイルをダウンロードしてる場合は、
【Upload PDF to PDFescape】
を選択して、該当PDFを選択してアップロードすればよいですが

今回は、より労力を減らすため、ネット経由で直接実行する
【Load PDF from Internet】
を選択します。
すると、下記のようなURLを記述するボックスが表示されます。





で、
国税庁のページにある納税証明書を例に操作してみますが
納税証明書交付請求書(PDFファイル/109KB)のリンク先である
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/shomei/pdf/01-1.pdf
をボックスにいれて loadをクリック。

すると下記のように、PDFを読み込んだ編集画面があがってきます!!

編集する場合、左上のtextアイコンをクリック。
(上段バーのコントロールで、フォントや色等設定可能)
追加したい箇所を選択し、文字を入力。
日本語も問題なく、入力できました!!

途中経過を保存したい人は、、左端中断のディスクイメージのsaveアイコンにてサーバーに保存可能です。
書類ができたら、saveアイコン下の二重矢印マークの「Save & DownloadPDF」アイコンをクリック。
すると

ちゃんとPDFができてるじゃありませんか。
修正もちろんできますし、PDF上にすでに記述されている文言、図表を消したい場合は
whiteoutで部分的に消すこともできます。
他にも、フリーハンドの記述、イメージの貼り付け等もできるようです。



上級者には、APIも公開されておりマッシュアップ的な使い方もできるようで
とても、よくできたサービスだと思います。


注意点は、
・14日アクセスがないと自動的に消される点
・1ファイルのサイズは、10mb以下、100ページ以内
等ありますが、ファイルはダウンロードして保持しておけば言いだけの話で
10mb超えるような書類も作成することはないでしょうから
問題なさそうですし、気になるようなら
課金プランを選択すればこれらの制限は取れるようです。
(その場合、年20$)

それと、WEBサービスということで、サーバー側にPDFの情報がいったんはいるので
そういうのがまずい書類だったり、抵抗ある人は使わないほうがいいけど
まあたいていが、学校の宿題みたいなクソ書類だろうから、これで十分な気はします。

フリープランで、十分事足りるこの良質サービス。
PDF編集の際は、是非使ってみてください。

しかし、電子化、ペーパレスなんかいわれだしてからだいぶたちますけど、
今だに紙文化、印鑑文化、いいかげんなくならんのかね。
さっさとWEB申請させろと思う(まあちょっとずつはできるようにはなってるけど)。



他の使えるWEBサービス記事

  • 使えるWEBサービス①「cacoo」WEB版Visio!
  • 使えるWEBサービス②「PDFEscape」 PDF編集サービス
  • 使えるWEBサービス③「librize」図書館業務はこれひとつで!