映画日記「忍びの国」

 
嵐の大野智主演の、「忍びの国」みてきました!

前情報も期待もなくふらっとみたんですが、面白かった!

嵐の大野ファンの為の映画みたいなレビューをちらほらみかけますが
ジャニーズ無関心のおっさんがみても十分楽しめる作品と思います!

お話は・・
・戦国時代末期、忍びの国伊賀。
・そこは傭兵稼業を営む者たちの無法地帯で、12の頭首どおしの小競り合いが絶えない。
・そんな中、無類の強さを持つ下忍「無門」は、下山家次男を「川」と呼ばれる決闘で殺害する。
・弟が殺されても、誰一人悲しまない異常な伊賀に(伊賀では日常)に見切りをつけた下山家長男「下山平兵衛」は
 里を裏切って平兵衛は伊勢まで侵攻してきた織田軍へ進軍を進言する。
・織田軍の進軍を知り、戦っても一文にもならないと逃げ出す「無門」や他の下忍達
・「織田軍」対「伊賀の里」戦いの行方は・・
みたいな感じです。

基本時代劇とかは好きなほうではなく、戦国時代に思い入れもないのですが
そういう人向きの映画なのかなと。
逆に、時代劇好きには少しふざけすぎてみえるのかもしれません。
終盤のシリアスになっていくシーンでも、戦闘シーンはダンスシーンのようでおちゃらけていたり・・
この辺は、女優のシャワーシーンのごとく、嵐大野ファンへのサービスシーンだと理解して見てましたが、
まじめなおじさん達には受けいれられないかもしれません。
レビューによく見かける低評価は、そういう点が好まれないためかも・・。

主演の大野さんはもちろん、脇を固める役者がみなはまってるので安心して最後までみれる作品です。


特に伊勢谷友介演じる日置大膳が、すごい存在感で、映画全体を引き締めてる感じがしました。

ジャニーズ主演の邦画ということで、早々にテレビオンエアするかもしれないけど
見といても損はない映画だと思いますねー。